運営者情報

サイト管理人

森本康

管理人の引越し体験談

これは私が横浜市から青森市まで引っ越しをした時の体験談です。

荷造りなどもそうですが、急な引っ越しだったため、予算のことが一番心配でした。

事前にインターネットで検索し、私の中では20万円ほどで済めば嬉しいなという先入観がありました。

初めての引っ越しだったこともあり、どうしていいかわかりませんでしたが、とりあえず引っ越し一括見積もり診断という項目があったので、そちらを利用してみることにしました。

私の荷物量は元々父が同居していたので、一人暮らしでしたが、荷物は二人分ありました。

また父のものですがやたらでかいテーブルや、やたら重いクローゼットなど解体が出来ない大型家具もありました。
サイト上に自分の荷物量と連絡先を入力して診断しました。

てっきり画面上におおよその金額が出るのかと思っていたのですが、クリックしてから様々な引っ越し業者に情報が配信されたことを知りました。

30分もしないうちに携帯電話が鳴りました。
引っ越し業者からでした。

とりあえず訪問して一度見積もりを出したい、と言われたので、そういうものなのかと私は了承しました。
その後も携帯電話が鳴りやまず、何社かが訪問してくれることになりました。
ブッキングしないようにもちろん時間はズラしました。

どこの会社も大体そうだったので一社目の訪問だけ紹介します。
誰でも知っているような大手の会社です。

まず驚いたのが、手土産の持参でした。

米を5kg頂き、最初は親切な会社だなと感じたんです。
そして淡々と見積もりが始まりました。
そこで驚きの金額です。

「最低で40万円ですね」
!?聞き間違いかと思いました。
明らかに動揺した私を見て、更に
「今決めてくれたら35万に割引しますよ」

やった!5万下がった!でも予算オーバー、しかも米貰っちゃったし、断りづらいですが、さすがにそこまで予算がなかったので、相談すると

「荷物を今の4分の1にしてくれたら近い金額になりますよ」

それってかなり無理ありません!?と思いながら、検討しますと伝え、お引き取り願いました。

あまりの予算オーバーで途方に暮れながら荷物を減らす努力をしていた私に奇跡の電話が入りました。

その時はもう業者からの電話も落ち着いていたので、最初は引っ越し業者からの電話だと思いませんでした。内心

(また訪問か・・・何持ってくるんだろう・・・また荷物増える・・・)

と不安でした。
かけてきたのは全く来たことがない業者でした。

そしてその電話で荷物量を聞かれました。もう大体梱包が済んでいたのでかなり具体的に伝えました。すると、

「その荷物量だと15万円でやらせて頂きます」

え!?安い!?ほかの会社の半分以下、むしろ予算以下、でも逆に怪しいと、失礼ながら、私は電話で今までの業者の見積もりや、後で料金ながらないか等の確認をしました。

「私たちの会社は遠距離メインで行っている会社なので、他社様よりお安い金額で行っております。受取日が少し遅くなりますが、それでもよろしければ。ちなみに荷物量ですが目安であと段ボール20個ほど増えても金額変わりませんよ」

天使の声に聞こえました。
もうこれ以上安い会社はないと確信し、私は即決し、漫画本を全部売ってしまったことを後悔しました。

引っ越し当日、作業員は二人。

挨拶も丁寧で、仕事もテキパキしていました。
あの有り得ないほど重い家具も二人で持っていて、大変だろうと手伝おうとしたら、

「お怪我をされたら大変なので大丈夫ですよ」

なんて優しさ!!引っ越しってこういうものなのかと改めて感動しました。
二人には冷えたジュースをと現金で15万円払い、領収書を頂きました。

荷下ろし。遅くなると言われていたので1週間くらい先かな?とスーツケースに荷物を詰め込んだのですが、3日後には到着しました。

搬入したトラックよりもかなり巨大なトラックが来たので、あちこちで荷物を降ろしながら来たんだと思います。
作業員さんも違いました。

この後このまま北海道に行くと言っていました。もちろん二人にも冷えたジュースです!

引っ越しってどうしても金額かかります。
しかし、引っ越しする際にどこに重点を置くかで引っ越し業者を選ぶのがとても効率的だという事を学びました。

私の場合料金でしたが、早さや保証など各社に強みがあるはずです。
気持ちよく引っ越しするためには、納得出来る会社との出会いが不可欠だと学び、この経験をその後の引っ越しにも活かしました。

免責事項

■「引越安い.net」(以下、当サイト)は掲載各社のサービスを紹介するサイトです。サービス内容など詳細情報に関しては各社リンク先の公式サイトにてご確認ください。
■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めており、記載情報には万全を期しておりますが、内容を保証するものではありません。お申込み、お取引に関しましては、ご自身の責任と判断にてご利用くださいませ。
■当サイト内の情報により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

投稿日:

Copyright© 結局、一番安い引越し業者はどこなの?【2018年10月版】 , 2018 All Rights Reserved.